人工透析人工透析

人工透析(血液透析)治療とは

慢性腎不全になった場合、体内で不要な水分や物質を体外に出し、尿毒素に汚染された血液を、きれいにして体内に戻す治療が必要となってきます。その治療こそが人工透析(血液透析)治療です。これは、人工腎臓と呼ばれるダイアライザー装置に体内の血液を送り、本来腎臓が果たしていた機能の一部である水分の除去や老廃物質・有害物質の除去、電解質の濃度調節、血液pH(酸−アルカリ性)の改善を行い、血液をきれいにして体内に戻す治療で、日本国内の腎不全患者さんのほとんどが選択しています。透析治療は、症状により多少異なりますが、平均週3回・1回4〜5時間行われるのが一般的です。当院でも、週3回・1回4〜5時間を平均治療時間としています。

腎不全を患った患者様の生命維持を担う人工透析医療

腎臓がほとんど機能しなくなった場合、生命を維持していくためには、人工透析か腎臓移植を行うしか道がないのが現状です。過去には、腎不全になると、尿毒症で死ぬしかありませんでした。しかし医学の進歩により、たとえ腎臓が全く機能しなくなったとしても、人工透析を行い続けることで社会復帰できるようになったのです。現在、全国では約31万人の患者様が透析治療を受けておられ、その数は毎年約1万人ずつ増え続けていると言われています。

人工透析専門医・熟練したスタッフと最新透析治療設備で透析医療をサポート

人工透析治療を受けている患者様が増加の一途を辿っている中、当院では、42台のコンソールを始めとした様々な設備を整え、高いスキルとキャリアを有する専門医や看護師、臨床工学技士、管理栄養士が常勤し、患者様一人一人と深いコミュニケーションを図りながら、ゆとりある人工透析治療を行っています。また、透析患者様のあらゆる事態に迅速かつ適切に対応して参ります。シャント修復や合併症予防治療、栄養指導など、幅広いシーンで透析生活をトータルサポートできる体制を整えております。

「人工透析の流れ」へ

私たち医療スタッフが、皆さまの身体から心の隅々にまで心配りを行き届かせます。
私たち医療スタッフが、皆さまの身体から心の隅々にまで心配りを行き届かせます。

診療時間

診療時間
9:00〜13:00
14:00〜18:00

午前の受付終了は12:30、午後の受付終了は17:30になります

人工透析

月・水・金曜日午前8:30〜10:00(入室)
午後15:30〜17:00(入室)
火・木・土曜日午前9:00〜10:00(入室)