一般内科・循環器内科循環器疾患

心房細動と脳卒中 年齢とともに要注意です。

【心房細動】

正常な心臓の拍動は規則正しいリズムを刻んでいます。1分間に60〜80回程度の脈を打ちますが、心房細動になると脈は不規則で、早過ぎたり(頻脈)遅過ぎたり(徐脈)が混在します。一過性に不整脈を呈し、まもなく元の規則正しい脈を取り戻す場合もあります。発作の際には、動悸や胸の違和感・痛みとして自覚する人が多いですが、慢性化して無症状の人も少なくありません。

【心不全】

この心房細動は、心臓のポンプとしての働きを極端に低下させるため、心房細動発作とともに心不全を来たす人がいます。規則正しい脈に戻すことができるとよろしいのですが、薬剤が無効の場合、電気的に不整脈を停止させること(電気的除細動)もあります。たいていの場合、脈を比較的ゆっくりにすることで楽になり心不全を回避できます。

【心原性脳塞栓】

一方、この心房細動を起こすような心臓には形態の特徴がみられます。震えている心房の壁は伸びきって、空間的に広がった心房となります。大変困ったことに、この心腔の中で血栓が生じてしまいます。心臓は血液を循環させるポンプです。この血栓が何かの拍子に心臓から拍出されると、体中に分布する動脈を血栓が血流に乗って、末端の血管を塞いでしまうわけです。これが脳血管である場合、心原性脳塞栓となります。たいへん重症の脳梗塞となることが少なくありません。今日、この心原性脳塞栓を予防する取り組みが浸透しつつあります。年齢を重ねるとともに心房細動と心原性脳塞栓は頻度が高くなります。過去に不整脈を指摘されて、それっきりになっている方がおられましたら、ぜひご相談ください。

重症脳梗塞
重症脳梗塞

狭心症・胸痛症候群 睡眠障害や胃酸逆流の可能性と併せて

狭心症?
狭心症?

【狭心症】

「時々、胸痛があり、他所で心電図検査を受けた時は異常なしと言われたのですが?」という経験がおありでしょうか。
狭心症発作の心電図変化は、実際に胸痛などの自覚症状が発生した時にしか異常が現れないことがほとんどです。そのため、狭心症の発作がない時に病院やクリニックを受診されると「心電図は正常です」と診断されることがよくあります。また、同じく不整脈も自覚症状がある時にしか心電図異常が現れません。そこで当院では、これまで数多くの「胸痛」や「動悸」に関する患者様の訴えを聞いてきた経験を生かし、運動負荷試験心エコー24時間心電図検査を行い、正確な循環器疾患の診断を心掛けております。

【閉塞性睡眠時無呼吸症候群】

閉塞性睡眠時無呼吸症候群(Obstructive Sleep Apnea Syndrome:OSAS)とは、睡眠中の無呼吸や、喉の空気の流れが弱くなった状態(低呼吸)が1時間に何回も起こる状態のことです。睡眠中に呼吸が止まり、呼吸が再開するときに大きないびきを反復します。昼間の睡魔、熟睡感がない、記憶力が低下する、起床時頭痛などの症状が見られ、同室のご家族の発見が受診のきっかけとなることも少なくありません。睡魔は時と場所を選びません。車の運転中、高所での作業中、重要な会議中など著しく支障を来たしたり、生命を脅かすことになりかねません。高血圧や心臓病、糖尿病など生活習慣病とSASの因果関係が明らかになっております。当院では終夜睡眠ポリグラフを装着することで、睡眠中の呼吸状態や心拍数の変化を知ることができます。薬を飲んでも血圧が下がらない、朝方の血圧が高い(早朝高血圧)の患者様では、この睡眠障害が原因である場合があります。治療をすることで血圧が改善する患者様も多くおられます。

【逆流性食道炎】

胸やけ、呑酸、食道のつかえ感、胸痛や咳といった胸痛を含む症状の場合、食道への胃酸の逆流が原因となっていることがあります。健診やドックでの胃内視鏡検査をお受けの患者様では、ヘリコバクターピロリ菌の有無と合わせ、食道裂孔ヘルニアの有無をご確認ください。胸痛の診断に役立ちます。本物の狭心症なのか、逆流性食道炎なのかの判別は必ずしも簡単ではありません。当科では詳しい問診と検査・診察を踏まえて正確な診断を行ってまいります。

診療時間

診療時間
9:00〜13:00
14:00〜18:00

午前の受付終了は12:30、午後の受付終了は17:30になります

人工透析

月・水・金曜日 午前8:30〜10:00(入室)
午後15:30〜17:00(入室)
火・木・土曜日 午前9:00〜10:00(入室)

お問い合わせ

ご予約、受診に関するお問い合わせ、ご相談は
お気軽にお電話ください。 TEL092-512-5225